人間パーティー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間パーティー

さあはじめよう、人間の人間による人間のための人間パーティを。

インドの空港に深夜到着した時の過ごし方

 

 

今回はインドの国際空港インディラガンジー空港(デリー)に深夜に到着した時の過ごし方や対処法について紹介します。

 

目次

 

 

はじめに

25歳以下の人口が半分以上を占め、IT先進国として今注目を浴び、また、行ったら人生観が覆されるというヘンテコな国インド。そのインドという国に今から行こうとしている人は多いのではないでしょうか。かくいう私もインドに取り付かれた人間の1人で、インドにはもう5回足を運んでいます。

 

 

私の場合、インドに滞在中は9割の時間をストレスを感じながら過ごしていて、日本に帰国する時には、「こんなクソみたいな国、二度と行くかこのゴミが。」って思って飛行機に乗るにもかかわらず、半年くらいすると強烈にインドに行きたくなっている。

 

 

そんな素晴らしく、不思議な国なのですが、危険も多くあります。

 

 

特に、深夜のインディラガンディー空港の外は治安最悪です。昼間はメトロもバスもあるので、安くて、早くて、簡単に市街地に行けるんですが、深夜は一筋縄にはいかないです。

 

 

インド旅行最初にして、最大の関門、空港

 

 

まず、インドに行く方はインディラガンディー国際空港から入る方が多いと思います。ここは、インド旅行の第一の関門です。ここでは多くの日本人たちがぼられます。クラクションと人の喧騒とインド特有の熱気に「あぁ、インドに来たのかー。」と酔いしれていると、タクシードライバーがうようよ寄ってきます。空港の建物の外に出たらそこはもう、金に目をぎらつかせたインド人の巣窟です。

 

 

1.タクシーは極力使わない

http://art62.photozou.jp/pub/882/250882/photo/117440269.jpg

 

中国東方航空などの安い航空券で深夜に着くと交通機関がタクシーに限られてしまいます。ただし、タクシーは最後の手段です。

 

なぜかというと、タクシーに乗ってそのまま謎の政府経営の旅行代理店(100%ウソ)に連れて行かれることがあるからです。その代理店で馬鹿みたいに高いホテルやツアーを組まされたりします。

 

悪いドライバーに捕まってしまうと、あの手この手を使って本来の目的地に行かせようとしません。例えば、

 

「ホテルは今日は祭りのため、休みだ。」

「政府がテロ対策のため町を閉鎖した。」

 

などです。全部ウソです。こう言ってきたらある程度のお金を払わない限り、目的地到達はほぼ無理です。

 

万が一悪質代理店に連れて行かれたら、強い意志を持って断り続けましょう。おそらく怒鳴りあいの押し問答になると思いますが・・・。ぺこぺこしてると最悪身体に危害が及ぶこともあります(私は代理店を出たタクシーの中で殴られました)。10時間以上飛行機に乗ってやっと着いた国でいきなり喧嘩するって正直すごい疲れるし、異国の地でいきなり怒鳴りあいをするのは非常に気分が悪いです。

 

 

2.深夜にインドに着く際はホテルのピックアップサービスを予約する。

 

これは絶対必要。初日は多少高くてもピックアップサービスがあるホテルを日本で予約したほうが良いです。絶対に。ただ、飛行機が遅れてしまった時には、ピックアップの人が帰ってしまうことがあります。

 

3.次の日まで、空港のロビーで時間をつぶす

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yukihiro0201/20151126/20151126153521.jpg

 

空港内はお金を払わないと入れないので、悪いインド人は入ってこれないので比較的、治安が良いです。ただ、1度空港の建物の外に出てしまうと建物にもう入れないです。

この空港は喫煙所が室内にないので、喫煙者は注意です。また、インディラガンディー国際空港はWifiが30分しか使えないです。ただケータイが使えないことなんて安全に比べれば小さいものです。

 

ですが、どうしても、深夜にタクシーに乗って市街に行きたい人は本当に気をつけてタクシーを選びましょう。このようなタクシー運転手は注意です。

 

こんなインド人には注意

・妙にフレンドリー

・少しだけ日本語が話せる

・相場、もしくは相場より安い

 

これらの特徴のタクシーは地雷率が高いです。タクシーに乗った途端に運転手が豹変します。悪質代理店に連れて行かれるか、高いタクシー料金を請求されます(私の友達は1万円請求されたとか)。なので、多少高くてもいいので、吟味しましょう。値段は1500ルピーくらい払う覚悟で挑みましょう。

 

ちなみに、私は、「メトロの終電が過ぎたから、その代わりに鉄道会社がタクシーを運行している。」と言われ、乗り、まんまと旅行代理店直行でした。

 

以上が、インディラガンディー国際空港に深夜、着いた時の注意点です。

 

まとめ

 

1.ホテルのピックアップサービスを利用すること

2.もし、1が無理なら空港の建物内で過ごすこと

3.1も2も無理ならなるべく善良そうなタクシー運転手を見つけ出すこと

 

以上を守れば、市街地にでるだけで1万も2万も取られないし怖い思いもしないでしょう。

 

 

最後に

 

インドは日本では絶対経験出来ない素晴らしい経験が出来る国です。しかし、良いインド人もいれば、悪いインド人もいます。インドで2015年に被害者が日本人女性の監禁強姦事件も起きています。

 

インドはすごくいい国。ただ、危険も混在しています。インドは日本ではないという事を肝に命じ、皆さんがインドで楽しい時間を送れることを願っています。