人間パーティー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間パーティー

さあはじめよう、人間の人間による人間のための人間パーティを。

【2017年】春の始まりに聴きたい爽快なおすすめ曲18選

f:id:korikori113:20170327235839j:plain

ついこの間まで冬だったのに、本日の最高気温は15度!

 

いつの間にか春になりました!

 

こんなポカポカの陽気の中は、芝生に寝そべって、ビールを飲んでいたい!

のですが、この記事を書いてる私は、仕事に追われて朝8時出社、0時帰宅という生活を1ヶ月半、過ごしています。

いわゆる繁忙期ってやつ。

家で普通にご飯が食べたい。

私自身、今気持ちが非常にゴワゴワです。

 

自分自身のこの気持ちを払拭したいということを兼ねて、春の爽快なおすすめ曲を紹介していこうと思います。

春の曲をお探しの方も、私のように晴れやかな気分になりたい人も、どうぞこの記事をお役立てください。

 

それではどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

 

春におすすめの爽快な曲

風をあつめて / はっぴいえんど

まずは、日本ロック界屈指の名曲からです。

オロナミンCのCMソング。

 

伝説のバンドはっぴいえんどの 1971年発表の名曲。

作曲、細野晴臣 作詞、松本隆

という夢のような超大物ミュージシャンが作成した曲です。

 

歌詞なんかは、昭和初期の文学作品のよう。

平穏とファンタジーが同居しています。

春のほんわりと温かい陽気の中、のんびり散歩する時にはもってこいの曲。

 

さよならなんて云えないよ / 小沢健二 

オザケンの1995年発売のシングル。

最近では、吉田羊によるカバーがポカリのCMで流れています。

タモリに「生きることへの最大の肯定」と絶賛された曲。

 

タモリに便乗するわけじゃないけど、ほんと素敵な歌詞。

春といえば、別れの季節ですが、ここまで、「別れ」を前向きに歌った曲ってないのではと思います。

 

暗闇から手を伸ばせ / 小沢健二

逆に、オザケンで春らしくない曲を探す方がムズい。

この曲は、ソロデビュー後、初のアルバム『dogs』から。

 

上は別れの曲でしたが、こちらは「新たなことへの挑戦」がテーマ。

「物語の始まりにはちょうどいい季節になったろう?」

励まされます!

新曲もそうだったけど、オザケンの曲って出だしがでグッと惹き込まれる。

心機一転、この春から何か新しいことが始まる人にもってこいの曲。

  

春風 / くるり

2000年発売の5枚目のシングル。

エレクトロニカに傾倒する直前のフォーク路線のくるりの曲。

「切ない男心」を歌った春の曲です。 

 

この曲はくるり流「風をあつめて」です。

です・ます調の歌詞とか、コード進行はかなりはっぴいえんどの影響を受けてます。

素晴らしいイントロと青臭さが最高の曲。 

ただ、PVがちょっとね。

  

夢見るバンドワゴン / Andymori

小山田壮平の空を突き抜けるような若い歌声が最高に春らしい1曲です。

このPVのような、ちょっとした遠出にもってこいの爽やかな曲です。

車の窓を開け放して聴いたら最高に気持ちいい曲。

 

今年のゴールデンウィークは友達とどっか車で旅をしようかな。

 

Since I Left You / The Avalanches

すべての音がサンプリングのみで作られたという驚異の曲。

音の洪水ですが、 全てのピースがぴっちりはまっています。

遊び心あり、キャッチーさありの名曲!! 

 

何回聴いても全く飽きないどころか、聴くたびに良さが増します。

この曲が入ったアルバムを3年間、聴き続けてます。

そして、聴くたびに新たな発見があります。

  

Down Town / 山下達郎

だいぶ曲が古くなってまいりました。

シュガーベイブ時代の曲ですので、今から40年以上も前の曲です。

 

周りがフォーク一色の頃に作られたとは思えないほどおしゃれで新しい

歌い方、声、方向性が今と全くブレていないのが流石音楽家だなーと。

 

東京 / サニーデイサービス

名盤『東京』のリードナンバー。

サニーデイサービスも春っぽい曲が多すぎます。 

 

長さが1:53の短い弾き語りの曲です。

この曲も完全にはっぴいえんど。

現代版「暗闇坂むささび変化」。

 

The Sun Is My Enemy / Cornelius 

01 『 The Sun Is My Enemy 』 CORNELIUS from 「 the First Question Award 」 by asd 音楽/動画 - ニコニコ動画

 

パーフリ解散後、コーネリアスの初シングル。

オザケンに馬鹿にされていましたが、個人的にはこの路線も案外好きだったりする。

 

このイントロの「朝が始まる!」って感じがすごい好き。

春、起きた瞬間にこの曲が流れてほしい。

  

I am Robot And Proud / Go Around

中華系カナダ人のI  am Robot and Proud。

インストエレクトロニカです。

 

温かな電子音で、ほのぼのした気持ちにさせてくれます。

日本人が絶対好きなサウンドだと思う。

 

Parachute / トクマルシューゴ

無印良品のCM曲などを手がけるインディー・ロックミュージシャン、トクマル・シューゴの初期の曲。

日本での知名度は低いですが、海外では高く評価されています。

 

音の絡み合い、強い春風が吹き抜けるような爽快感、そしておとぎ話のような歌詞で魅了されます。

 

SINGER SONGER / 初花凛々

くるりのメンバー+Coccoで結成されたいわゆるスーパーバンド。

 

春の曲で、この曲が真っ先に思いつきました。

「ハローハローハロー」

かなりシンプルな歌詞ですが、不幸を乗り越えたCoccoが歌うとすごく感慨深い。

草原に温かい風がふわっと吹き抜けていくような爽快なサビです。

 

Elephant Stone / The Stone Roses 

youtu.be

軽快なドラムってまさにこの曲のこと。

ドラムを聴いて「うおっ!」って感じたのはこの曲が始めてでした。

 

軽快なドラム、キラキラのギターサウンド、ヘナヘナなボーカル。

まるで雲の上にいるような心地良さに包まれます。

 

Regret / New Order

1993年発売のニューオーダーのヒット曲。

 

曲調は明るいですが、悲痛な雰囲気も漂っています。

シンプルだけど、このイントロは天才的だなーと聴く度に思う。

 

NEW ERA  /  Nulbarich 

ナゾの新人覆面バンドです。

メンバーも曲によって変わるらしいというスタイル。

 

この曲は街に出かけた時に聴きたい!

この曲を聴きながらだったら、おしゃれな気持ちで街を闊歩出来る

 

超洋楽志向。

っていうか、こんな曲マルーン5出してなかった?

ぜったい2017年にサチモズの次にはこのバンドが売れる!!!

 

Good Life / Kanye West 

ちょっと周りの曲と違ってヒップホップです。

 

初めて聴いた時は、こんなに可愛いヒップホップがあるのかと。

ヒップホップ=いかつい音楽

と思ってる人は是非聴いてほしい。

 

ちなみに、この曲の元ネタはマイケル・ジャクソンの『P.Y.T』。

 

Vapour Trail / Ride

90年代に活躍したイギリスのシューゲイザーバンドです

超大好きな曲です。

 

激しい、暗い。

綺麗、汚い。

悲しい、明るい。

そんなものがギリギリの狭間で混じり合った不思議な曲です。

この曲は、的確に表すことができないほど名曲。

 

Like A Daydream / Ride

Ride大好きなので、もう1曲挙げさせてください。

全体に降り注ぐノイズシャワー。

轟音ギターに、甘いボーカル・メロディーとコーラスが絡みあってめっちゃ青春。

 

ドライブで聴いたらテンション上がること間違いなしです。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

 

半ば残業漬けの自分のために書いたような記事だったのですが、気に入った曲が見つかった人がいましたら、幸いです。

自分も、上で挙げた曲を聴きながら記事を書いていたら、少し晴れやかな気持ちになれたような気がします。

 

この記事で挙げた曲の中から何曲かピックアップして、週末は町に繰り出してみてはいかがでしょうか。