人間パーティー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間パーティー

さあはじめよう、人間の人間による人間のための人間パーティを。

【2017年度版】フィリピン留学あると便利な持ち物26選

http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/topicks/article_thumb/82380_original.jpg

今、値段の安さ、ワンツーマンの授業体制、アクセスのし易さからフィリピン留学がブームとなっています。

 

私がフィリピン留学に行ったのは2015年7月~9月後半の3ヶ月半。

場所はネグロス島の超田舎町。

  • 24時間の共同生活
  • 食事の違い
  • 気候の違い

でかなりストレスが溜まりました。

 

この3ヶ月間半、私が経験したことを踏まえて、フィリピン留学で持っていけばよかった便利な持ち物を紹介していきたいと思います。

 

現地で調達できる物ももちろんあるのですが、クオリティは絶対に日本の物の方が上なので、極力大事な物は日本から持っていった方がいいと思います。

長い期間海外に滞在するのですから、現地で快適に過ごせるように日本での事前準備をしっかり整えてから、旅立ちましょう!

また、この記事はあったら役立つ小物類を紹介する記事であって、パスポート、国際キャッシュなどの絶対必要な物を紹介する記事ではないので、ご了承ください。

 

 

是非、留学生活をより楽しむための参考にしてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

生活用品

蚊がいなくなるスプレー

フィリピンは本当に蚊が多いです。

うるさくて眠れない時もしばしば。
そんなときはこのワンプッシュスプレーで蚊を退治しましょう!

この商品は、蚊が落ちてく様が見れます。
また、ワンプッシュで12時間効果が持続するので、安心して眠ることが出来ます。
毎年、フィリピン留学で多くの日本人が罹る蚊を媒介するデング熱の感染予防にもなる。

 

 

アイマスク

寮生活の人は絶対必要。

 

ルームメイトと生活リズムが合わないこともあるので、あるとかなり便利。

私の場合はルームメイトの韓国人が深夜に泥酔状態で部屋に帰ってきて、起こされたことが結構ありました。

快眠の為には絶対欠かせない。

 

 

耳栓

理由はアイマスクと同様、寮生活の方には必要!

うるさい語学寮だと、自主学習の時には必須。


また、フィリピンはは日本と比べて、クラクションの音がうるさいので、大きい音が苦手な人にとっても必要。

 

 

水筒

語学学校の大体の寮には、ウォーターサーバーが備え付けられていると思いますが、もちろん容器がないと飲めない。

 

保冷式の水筒を持っていけば、熱い野外でも、冷たいドリンクを飲むことが出来ます。

 

 

日焼け止め・サンオイル

とにかく日差しが強いフィリピン。

フィリピンでは日焼け対策は必須。

真昼間に10分歩いただけで、ひどい日焼けになることもあります。

 

現地でも入手可能ですが、クオリティは断然日本の物の方が良いです。

 

 

サンダル 

現地でも調達可能です。

ただ、クロックスのようなタイプはなかったです。

 

日常生活で履くのはもちろんのこと、海ではウニがいっぱいいたので、サンダルorフィンがないとキツイ。

 

 

パタゴニアのバギーパンツ

パタゴニアの水陸両用のパンツ。

濡れても、1時間くらいで乾く。

フィリピンだとプールや海に入る機会が多いので、いちいち水着に履き替えるのが面倒な人に便利。

普通に普段着としても使える。


日本でも使えるし、持っておいて絶対損はしない。

 

 

折りたたみ傘

フィリピンの雨季は容赦ない!

6月~11月に留学に行く方は絶対必要。

 

フィリピンの雨季は降っては止みを繰り返す予測不能な天候。

なので、折りたたみ傘は常にカバンに入れておいた方が良い。 

「日本からもっていけばよかった」と一番後悔した物です。

下の商品は雨を防ぐことはもちろん、日傘としても使えます。

 

 

ウェットティッシュ

日本のように、レストランでおしぼりが出てくることはありえない。

なので、ウェットティッシュは常備しておきたい!
また、レストランのテーブルがろくに掃除されてないこともあるので、主にご飯を食べるシーンで大活躍。

 

 

タコ足電源

寮生活だと、ルームメイトと電源の奪い合いになることもしばしば。

共同生活では必須だと思います。 

 

下の商品は海外用のタコ足で、海外高電圧対応で変圧器いらず。

持ち運びが容易なコンパクトサイズ。

 

 

懐中電灯

フィリピンでは電力供給が不安定のため、しょっちゅう停電が起こります。

 

非常電源が整っている寮なら良いですが、何時間も停電が続くこともあります。

また、寮で深夜に帰ってきた時にルームメイトに迷惑にならないように部屋を少し照らす時に役立つ。
スマホでも用は済みますが、安い物なので買っておいて損はないです。

 

 

文庫本

英語に長い間、浸っていると日本の活字が読みたくなります。

文庫本を2~3冊持っていくことをおすすめします。

 

先生との話のトピックにもなるので、フィリピンに関する本を持っていってみては。

また、指差し会話帳があれば、先生、現地の人と仲良くなれること間違いなし!

 

 

 

ノート・ルーズリーフ

フィリピンでも入手可能だが、クオリティーがびっくりするほど悪い。

まさかノートにクオリティを求めるなんて思ってもいなかった。

 

私が探した限り、下敷きは売っていなかったので、必要な方は持っていくべき。

ノートに関しては余るくらい持って行っていくくらいが丁度良い。

 

 

 

すぐ乾くタオル

このタオルは絞ればすぐ使える。

そして吸水も半端ない。

濡れてから使えるようになる時間約2秒。

 

フィリピンでは、海やプールによく入るので、水辺の様々なシーンで活躍。

また、汗をかくことも多いので、非常に重宝する便利グッズ。 

 

 

鼻毛カッター・爪切り・耳かき

2週間以上留学するのならば、絶対必要!

留学中は鼻毛ボーボーの日本人を結構見かけます。

なくても困らないが、人と会う機会も多いので、身だしなみは整えておきたい。

 

爪きり、耳かきに関しては現地では調達しにくいため、持っていくのがベター。

 

 

 

地球の歩き方 

海外に行く人で持っていかない人は少ないと思います。

持ってない人は必須。

 

留学先の町から一歩も外に出ないのなら問題ないのですが、セブ島、マニラに小旅行に行く時とかにこれがないとホテル探しが厳しい。

そこそこの町であったら大体、ホテル情報が掲載されています。

その他にも、観光名所、周辺のおいしいレストランなども載ってます。

 

 

シュノーケリングセット

海に行くときにあったら、確実に楽しい!

スペースに余裕があれば必ず持っていきたい!

 

フィリピンの海は本当に綺麗です。

魚も日本と全く違うので、シュノーケリング、スキューバーは絶対するべき!

少なくても、ゴーグルだけでも、日本から持っていくべき!

 

羽織る物

フィリピンでは外は日差しが照りつけ、最高に暑いのですが、室内はエアコンガンガンでクソ寒いってことがよくあります。

室内を涼しくするのがフィリピン流のおもてなしらしいです・・・。

 

そんな時のために、カーディガンやウィンドブレーカーのような羽織る物を1枚持っていくと便利です。

 

 

避妊具

フィリピンはキリスト教圏なので、性に関して厳しく、田舎町だとコンドームが見つかりにくい。また、あっちの常識だと「男が持つ物」らしいので。

 

あと、なぜか寮生の韓国人にあげるとめっちゃ喜ばれる。

 

 

電化製品

モバイルバッテリー

留学でなくても、海外に行くときは必須。

スマホを出先でも充電出来る。

 

留学中は小旅行に出かける機会が多いので、絶対に持って行くべき!

また、ルームメイトが電源を使っていて、すぐに充電出来ないということもあります。

スマートフォンを出先で約2回充電可能。

しかも、持ち運びやすいコンパクトサイズです。

 

ボイスレコーダー

授業中の自分の発音を確認するために役立つ持ち物!

意外と持ってきている人は多い。

 

授業中は楽しくて意識していないけど、ボイスレコーダーで聞き返してみると、自分の文法、発音が無茶苦茶なことに驚愕する。

留学の最初と最後で録音して、どれだけ自分のスキルが伸びたのか理解する事も出来ます。

 

 

スマホの防水ケース

これがあれば、海の中、海で遊んでる写真がスマホで撮れます。

 

ただ、水が漏れたというアマゾンレビューもあるので、買う際はよく調べてから買った方が良いかもしれません。

 

 

電子辞書

先生から、知らない単語がバンバン出てくるので、スピーディーに調べる必要あり。

紙の辞書は調べる時間が無駄。

教室の移動も多いので、持ち運び容易な電子辞書の方が断然良い。

 

韓国語や台湾語の日常会話くらい載っているので、その国の寮生がいる場合は、たまに役に立つ!

 

 

食材

日本の食材

私の場合、寮の料理は味気ない韓国料理がメインだったので、ダシの利いた日本の食べ物が非常に食べたくなりました。

 

味噌汁、ふりかけなどを持っていくのが、おすすめ。

また、韓国人や台湾人のルームメイトにあげると仲良くなれるし、一石二鳥。

日本の食料はフィリピンでも入手可能だが、べらぼーに高いです。

日本の定価の2倍くらいしたような・・・。

 

 

インスタントコーヒー

フィリピンではブラックコーヒーを飲む習慣がないらしいです。

なので、インスタントでも最初から砂糖が入っています。

 

朝、苦いコーヒーを飲む習慣がある人は持っていった方が良い物だと思います。

眠気覚ましにも。 

 

 

フィリピンでは箸文化がないため、食事はナイフとフォーク。

慣れていない人は持っていくべき。

 

留学中は現地のカップラーメンなど食べるので、箸があると食べやすい。

 

さいごに

フィリピン留学でもっていけばよかった役立つ持ち物を21個まとめてみました。

留学の期間にもよりますが、これらの物があれば長い留学生活も快適に過ごせると思います。

 

ただ、フィリピンはすごく治安が良い国という訳ではないので、各自で防犯ブザーのアプリなどの防犯対策をすることをおすすめします。

また、私の周りでは盗難にあった人もちらほらいました。

クレジットカード付帯の物でも良いので、海外保険には入ってから留学に臨むことをおすすめします。

 

お金を払って勉強しに行くのですから、必要な物をしっかり揃えて、万全の状態で留学に臨むようにしましょう。

この記事がこれからフィリピン留学に行く皆さんのお役にたったら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。